about us

 

道ばたの石ころ、貝殻や木ぎれなどの自然素材。
長い年月や遠い空気を吸い込んだ古い道具。
それらに触れ、気持ちが和らぎ、ほっとする瞬間があります。

 

"そのまま暮らしに取り入れることができる古いもの"
"少し手入れをしたり、組み合わせることで新しく生まれ変わる古いもの"
"時間の流れや本来の役目から解放された名もなきもの"

自分たちが大切にしたいと思えるものを提案します。




 

 nijiiro    稲葉直也   稲葉寛子





 

2011年2月、雨漏りだらけのコンテナをアトリエと呼んで、家具や道具、オブジェを作りはじめました。
材料にしたのは、古びた木や朽ちた鉄、錆びた銅、石ころ、身近にあった素朴なものです。
その後、クラフトフェアや企画展、個展などで作品を発表し活動を続けてきました。

2017年5月5日。
アトリエからほど近い静かな場所に小さなギャラリーを作りました。
町内を通る熊野古道伊勢路、歴史のある道の上にひっそりと残っていた、築70年ほどの古い建物にほんの少し手を加えた店舗です。
これまで製作してきたオリジナルプロダクトの他にも、気軽に使える古道具や古いうつわなどを並べています。

 

 

主な出展イベント・個展

2011年2月 古いコンテナを改装した工房を構え活動を開始
クラフトフェア、個展、企画展を中心に作品を発表
2017年、5月5日実店舗オープン

2011年
5月  初めての発表の場『クラフトフェアまつもと2011』に出展
6月  HPでの作品販売をスタート
10月 『堺クラフトフェア 灯しびとの集い2011』出展

2012年
5月  『クラフトフェアまつもと2012』に出展

2013年
10月 『よこてお城山クラフトフェア』招待

2015年
5月  『クラフトフェアまつもと2015』に出展
6月  個展『times』 at喫茶tayu-tau